【猫の雑学】子猫の目の色はみんなグレー|キトンブルー

私が4匹の子猫を保護したのは、子猫が生後6週間くらいの頃でした。

だいたい、3頭身くらいで、いかにも幼児体形でとっても可愛い子猫たちでした。その子猫たちを抱き上げて目を見てみると、4匹ともかっこいい「グレー」の目をしていました。

グレーの目をした猫なんてカッコいい!!

と思っていたら、このグレーの目は「キトンブルー」というそうです。子猫はみんな青色がかったグレーの目をしているんですって!

目次

キトンブルーとは

キトンブルー
保護したばかりの頃(生後5週くらい)のうちの子。お顔が汚れててごめんなさい。

「キトンブルー」とは、「キトン(kitten)=子猫」「ブルー(blue)=青色」という意味です。つまり、「青い目をした子猫」になります。

実際に、子猫の目の色はブルーというよりはグレーに見えると思います。少し青みがかかっているグレーで、とてもエキゾチックです。

猫の目の色は、虹彩に含まれるメラニン色素で決まるんですが、子猫の頃は、まだ太陽の光にたくさん当たっていないので、みんな「キトンブルー」の目をしています。

虹彩とは?

眼球の血管膜の前端部で、角膜の後方にある環状の膜。色素に富み、その沈着状態によって、茶色や青色の眼になる。中央の瞳孔(どうこう)で開閉を行って光の量を調節する。

コトバンク

虹彩のメラニン色素が少ないと透明感のある薄い色、多いとより深く濃い色になっていきます。だいたい、生後3か月頃から目の色が決まってきます。

猫の目の色の種類

猫の目の色は約10種類くらいあるそうです。ここでは、よく目にする6種類の猫の目の色を紹介します。

目の色によって性格も違うそうですよ。あなたの猫の目の色は何色ですか?

イエロー

イエロー

鮮やかな「イエロー」の目を持つ猫。野性味あふれていてとても強そうに見えます。

日本の猫は、ほとんどがこの「イエロー」の目を持っています。日本は温暖で太陽もたくさん降り注ぐので光をたくさん集めます。なので、「イエロー」の目を持つ子たちが多いのですね。

イエローの目を持つ猫の種類

日本猫。

ヘーゼル(黄緑色)

ヘーゼル

「ヘーゼル(黄緑色)」の目を持つ猫は、優しげで穏やかな印象です。「ヘーゼル」の目を持つ猫は、日本猫と外来猫の混血の猫が多いようです。

「ヘーゼル」の目を持つ猫の性格は、気分屋で人見知り。プライドも高く、警戒心も強いですが、一度、心を開くと甘えん坊になります。まさに、ツンデレですね。

ヘーゼルの目を持つ猫の種類

三毛猫。

グリーン

グリーン

綺麗な「グリーン」の目を持つ猫さん!こんなに綺麗な「グリーン」の目を持つ猫を、私は見たことはないですが、「グリーン」の目を持つ猫のルーツもヨーロッパだそうです。色素が少なめなので、目が「グリーン」になっています。

「グリーン」の目を持つ猫は、慎重で賢く、おとなしい性格をしています。従順なので、とても飼いやすいとのことです。

グリーンの目を持つ猫の種類

ベンガル、キジトラ、ロシアンブルーなど。

ブルー

ブルー

「ブルー」の目の猫は、メラニン色素細胞をほとんど持っていません。つまり、実際の目の色は「透明」なのですが、私たちの目には「ブルー」に見えます。

涼しげでクールなイメージですが、性格的には慎重で控えめな子が多いようです。忍耐強く、激しく鳴くことは少ないそうなので、飼いやすい猫の種類です。

ブルーの目を持つ猫の種類

シャム猫、バリニーズ、ヒマラヤンなど。

カッパー(銅色)

カッパー

「カッパー(銅色)」の目を持つ猫は、黒猫に多いようです。猫の中で一番色素を多く持っているのが「カッパー」です。黒猫ですからね、色素は多いです。

「カッパー」の目を持つ猫は、自立心が強くとても賢いとのことです。

うちの子の兄弟にも黒猫の子がいたんですが、確かに一番どっしり構えていて、自立していて、そんなに甘えてこなかったです。

生後2か月目くらいに里親さんにもらわれていったんですが、あの子は何色の目になったんだろう?もしかしたら、「カッパー」になっているかもしれまさん。

カッパーの目を持つ猫の種類

黒猫。

オッドアイ

オッドアイ

「オッドアイ」とは、右と左の目の色が違う猫のことを言います。白猫に現れる確率が高いそうで、白猫の約25%は「オッドアイ」だそうです。

「オッドアイ」には、先天性と後天性のものがあります。

先天性のものは、白猫がゆえに色素が少なく、「白猫遺伝子」が働き、目の色が色素の少ない「ブルー」になってしまいます。

後天性のものは、事故や病気、手術などで「オッドアイ」になってしまうことが稀にあります。

オッドアイの目を持つ猫の種類

メインクーン、白猫。

まとめ

生後3か月の目の色

猫にはいろんな目の色があって、どの色の猫ちゃんも可愛いです。

ちなみにうちの子の目の色は、生後3か月でこのような色になりました。落ち着いた感じの「イエロー」かな?この子の兄弟も同じ目の色をしています。

「キトンブルー」の頃は、生後3か月頃までなので、貴重な「キトンブルー」の時期を楽しみましょう。

▼クリック!応援お願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる